ご予約はお電話で受け付けております。お手数ですが 029-873-6682 までお電話ください。

関節痛・腰痛などの慢性痛は100%改善可能です。痛くなく体に優しい間接ニュートラル整体は牛久市の及川整体院へ。 お問い合わせ

関節ニュートラル整体ブログ情報

著書紹介

関節痛・腰痛等に明るい牛久市の及川整体院の院長著書

自分でできる腰痛・肩こりケア体操
価格: ¥ 1,500(税別)

関節痛・腰痛等に明るい牛久市の及川整体院の院長著書

縮めて縮めて関節痛をなおす
価格: ¥ 800(税別)

関節痛・腰痛等に明るい牛久市の及川整体院の院長著書

関節PNF整体(及川式手技シリーズ)
価格: ¥ 1,800(税別)

他 多数出版  詳しくはこちら

DVD紹介

リンク集

お客様の声

小林綾香(8歳,小学3年生,土浦市在住)

チアダンスを楽しんでいるお子様です。 チアダンスをやっている上級生が足首が痛いという子がとても多く及川治療院でぎっくり腰で通院しに改善された経験があるご両親のお勧めで来院されました。

前後開脚,また割,胡坐,長座での前屈ともに完全に胸がつくレベルでした。

体を反る動作ももう少しで頭がつく超人的な可動域でした。

しかしながら、アキレス腱がとても固く、20度の角度のついたストレッチングボードに乗ってまっすぐに立つことができない状態でした。
カーフレイズの後の10秒間のストレッチ。
タオルギャザーと青竹踏みのリハビリを指導され、毎日無理なく行った結果、1か月後に足首の可動域は正常になりました。

以下はお母様の感想です。

それにしてもつま先を伸ばすこと(つま先立ち)は十分にできるのに、つま先上げが最低のレベルになっていないことを知り本当に驚きました。
時々足首が痛いと訴えていましたが、まさかアキレス腱の拘縮が原因だとは思いもしませんでした。
あれからは足首の痛みを訴えることがなく、けがを未然に防ぐ腰痛肩こりケア体操を教えていただき本当に感謝しています。

海老原良子様(茨城県つくばみらい市在住,66歳女性)

左ひざの痛みで、及川治療院にお世話になって1年になります。

つくば記念病院で変形性膝関節症と診断され、将来は人工関節置換術を受けることになるだろうといわれました。

及川治療院でひざの痛みが改善した友人の紹介で、関節ニュートラル整体を受けてみることにしました。

全身の関節の検査と調整を受けてた後は、まるで体重が10キロ減ったかのような感覚を覚えました。

先生が治療後の経過を予想して説明してくださり、安心して毎会楽しみに通院しました。

「毎回楽になったり痛みが増したりの繰り返しですが確実に改善しますからご安心ください」というアドバイスが本当に支えになりました。

椅子の背もたれに両手で捕まっての起立着席運動(ベンチスクワット)と10秒間のストレッチを毎日継続するように指導されました。

最初は50回するのもつらく、正直に言うとやめてしまおうかと思った日もありました。

当時の状態では想像することもできませんでしたが,現在では正座できるまでに回復したのです。

1日の合計で250回から300回のベンチスクワットと10秒間の和式トイレに座るストレッチを,毎日無理なく継続しています。

長瀬美智子様(茨城県つくば市在住,53歳)

私が最初に及川治療院を訪れたのは、2016年の3月でした。

その頃は筑波メディカルセンターの脳神経外科で頸部脊柱管狭窄症による右上肢の痛みとしびれと診断され、夜も眠れない状態でした。

そんな状態が2週間続いていて「いつになったら治るのだろうか?手術を受けることになるのではないか?」と不安な日々を過ごしていた頃でした。

知人の紹介で藁にもすがる気持ちで及川治療院を訪れたのでした。

初回の調整を受けた後に、嘘のように体が楽になり、その日は久しぶりに熟睡できました。

まず試しに、7回調整をうけることを勧められました。

前屈が非常に硬く前屈しても床から15センチマイナスの状態でした。

毎日30回のベンチスクワットと10秒間の和式トイレに座るストレッチに加え、アキレス腱の拘縮を改善することを目的としたカーフレイズとストレッチをするように指導されました。

7回で症状は8割改善し,前屈して床につくようになりました。

先生に勧められて合計14回集中的に関節ニュートラル整体の調整を受けました。

現在は予防目的で、疲れる前に調整を受けていますが再発はありません。

今ではダイエットもかねて毎日250回のベンチスクワットが無理なくできるようになりました。

及川先生に指導された腰痛肩こりケア体操も毎日継続しています。

あのような経験は2度としたくないと考え、自分で予防改善する意識が目覚めたことが、本当に良かったと思います。

及川治療院との出会いは、10年以上にさかのぼります。
当時、私は20才の時に空手道の稽古が原因で、慢性的な腰痛になってしまい、
以来、張りと鈍痛に悩まされており、25才で事務職に就職してからは、長時間のデスクワークにより、
さらに症状が悪化してしまい、とうとう仕事も手につかなくなり、
さらには痛みで夜も寝れない状況までなってしまいました。
その間、整形外科、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなどの様々な整体治療と、良いうわさを聞くと、
遠くは関西方面まで治療を受けに行きましたが、どの治療を受けても、一時的なもので、全く持続性のないもの
であり、痛みの解決につながりませんでした。     
症状はますます悪化し、将来の不安が増し、半ば諦めていたところ、高校の友人から、
たまたま紹介を受けたのがきっかけで、及川治療院に来院したのが出会いとなりました。 
まず、治療を受けて感じたことは、今まで私が受けてきた整体治療とは、全く違うものであったことです。
PNF整体という治療は、施術がソフトであり、施術後は、体の可動範囲が広くなり柔軟性が保たれ、
嘘のように張りや鈍痛から解放されたのです。

そして、私の症状にあった適切な予防ケアやトレーニング方法のご指導を頂き、
もう二度と運動は出来ないのではないかと思っておりましたが、治療と日々のケアを続けることにより、
運動を再開できるまでになり、かねてからの念願であった極真空手の黒帯を締めるまでに至り、
及川院長始めスタッフの皆様方には心から感謝をしております。
私にとって、及川治療院はなくてはならない存在であります。今後も適切なご指導を頂き、ますます健康で
充実した生活を送っていきたいと願ってやみません。